チームリーダー研修

研修の概要

対象 中堅社員 定員20名~30名程度
形態 理論の説明 - 演習 - フィードバック - 演習 - 理解・定着の繰り返し
日数 9:00 -17:00 (12:00~13:00 昼食休憩)
備考 年齢は一例です。

研修の詳細

研修の目的

  • 混沌とした状況、あいまいな情況から、問題を定義し、目標を定めます。
  • 問題を具体的に捉え、的確な原因分析ができるようになります。
  • 明確にした原因に対して複数の解決策から最適な解決策を選択できるようになります。

研修の効果

  • 今まで使用している手法を使って、ケーススタディに取り組みます。次に、各種思考方法について講義し、再度ケーススタディに取り組みます。この繰り返しで各種問題解決の思考方法の必要性や有効性を確認します。
  • ポイント:実践的な課題を設定し、すぐに業務で使えるスキルを修得します。

タイムテーブル

時間 1日目:立ち位置の確認、問題解決の基本を学ぶ
9:00~12:00
1. 業務目標の設定
1)目標の作り方
2)目標設定の手順
3)目標設定時のポイント
2. 問題解決
1)問題解決に必要な思考態度
2)問題の定義
【演習】問題の定義のケーススタディ
13:00~17:00
3)原因分析
・問題の確認(何に何が起ったのか、1対象・1問題で明確にする)
・比較分析(4W1H・A/Bで情報を整理する)
・相異点の確認(AとBの比較から、Aのみに固有なこと、Aのみに当てはまることを探す
【演習】原因究明のケーススタディ
時間 2日目:目標設定・行動計画で自分を創る
9:00~12:00 【演習】原因究明のケーススタディ4)解決策の立案と対策・複数の案の中から最適案を選択するプロセス ①決定目的と決定範囲の確認 ②評価基準の設定、期待成果と制約条件 ③評価基準の分類(MASTとWANT)【演習】解決策の立案と対策のケーススタディ
13:00~17:00 【演習】解決策の立案と対策のケーススタディ3. 目標達成の為の課題
【演習】個人演習【演習】全体発表4. まとめ
 

 

関連情報

ウェブ講座:人事考課と目標による管理入門

関西生産性本部の機関紙『KPCニュース』で今期も連載を続けます。とかく難しいと思われている人事考課制度ですが、連載では、どれだけ短い文章と図解で 人事考課を理解していただけるかに挑戦します。以下が今後の連載予定ですが、予告なく変更することがあります。弊社の研修プログラム内容のご検討材料としてご利用ください。

記事一覧


関連講座

公開講座のご案内

総合パンフレット(PDF)
※PDFは別ウィンドウで開きます。

 

各種お問い合わせ

お問い合わせフォームメールでお問い合わせ info@bzcom.jp03-5213-4987

お問い合わせはこちら

  • お問い合わせフォーム
  • メールでお問い合わせ info@bzcom.jp
  • 03-5213-4987
  • 総合パンフレット(PDF)
  • 研修プログラムのカスタマイズ
  • 官公庁・地方自治体のお客様