ロジカルシンキング研修(電機メーカー)


研修の概要



IMG_FJ.jpg

研修の概要

ビジネス活動の土台として、必要不可欠な論理的なコミュニケーション技術を、緻密に設計された演習とプログラムで無理なく、着実に習熟します。この講座は、頭でわかるだけでなく、「できる」レベルまでの橋渡しを致します。
 
業種・業界:
電機メーカー(モバイル、パソコン関連)
研修の名称:
ロジカルシンキング研修
対象・人数:
12名(階層別選択研修)
目的・特徴:
漏れなく、ムラなく、重複なく情報を整理・理解する技術を習得する。 情報や意見から論理関係を整理・理解する技術を習得する。 根拠を明示して、論理的でわかりやすい文章を作成する技術を習得する

カリキュラム

1日目
9:10~12:00
オリエンテーション
 
1.情報分析ツールでニーズと目的を理解する
 ・誰となぜを考える
 ・聞き手を意識する
 
2.マトリクスで情報の漏れ・ムラ・重複をなくす
 ・目的を意識して情報を整理、理解する
 ・情報の種類や上下関係を整理する
 ・ブレインストーミング法とKJ法
13:00~18:00
3.三角ロジックで主張に根拠を添える
 ・相手の話の根拠を正しく理解する
 ・正しい根拠の示し方
 ・水掛け論を打開する 
 ・なぜなぜ分析
2日目
8:50~12:00
4.リンクマップでテーマを分析・発展させる
 ・相手の議論の筋道をつかむ
 ・議論の歩留まりをあげる
 ・漏れなく、ムラなく、重複ない状態を作成
13:00~17:20
5.ロジックチャートでわかりやすく文章を構成する
 
6.総合演習
・問題解決
・ミニ・ディベート

 

 



この実績に関係するページ

 

ウェブ講座:「ロジカル・コミュニケーションスキル実践講座」(全6回)

株式会社ビジネスパブリッシングの『月刊 人事マネジメント』の連載記事です。弊社の研修プログラムのご検討材料や、事後学習ツールとし てご利用ください。2016年6月から12月までの連載記事です。

  



総合パンフレット(PDF)


※PDFは別ウィンドウで開きます。

 

漏れなく、ムラなく、重複なく情報を整理・理解する技術を習得する。 情報や意見から論理関係を整理・理解する技術を習得する。 根拠を明示して、論理的でわかりやすい文章を作成する技術を習得する