ロジカルプレゼンテーション研修

研修の概要

対象 新入社員~取締役 定員8名程度(大人数の場合、演習方法を工夫します)
形態 理論の説明 - 演習 - フィードバック - 演習 - 理解・定着の繰り返し
日数

2日間 9:30~17:30 (12:00~13:00 昼食休憩)

1日コースもございます。

備考 受講者の業務課題・提案書を活用して研修します。この対応幅の広さが弊社の特長です。大手企業を中心に多数の実績がございます。http://www.bzcom.jp/program/customize/ 大手企業ゆえに固有名詞等、類推・想像できないようにしかご案内できません。

研修の詳細

研修の目的

日本人は、よくプレゼンテーションが下手だといわれています。この原因は、プレゼンテーションは経験により身につくと考えられているからです。確かに長い年月をかければ習得されますが、研修で体系的に学習することが最も効果的です。聞き手の興味をひきつけるためには、本研修で学べる「30秒で概略が理解でき、3分で動機づける」ノウハウが効果を発揮します。

研修の効果

プレゼンのノウハウやドウハウを学習することにより、実務で必要な3つの能力~情報分析力、シナリオ構築力、表現力~といったスキルを効果的伸ばすことが出来ます。

情報分析力とは、目的や対象者を考えて、的確なプレゼン内容を選択・整理する技術です。研修では聞き手のニーズを引き出す質問のテクニックや、聞き手の関心レベルに即した内容を選択する練習をします。的確な内容を選択・整理することができれば、プレゼンの成功確率が高まりますし、不要な準備もなくなります。

シナリオ構築力とは、聞き手に強く印象づけられ、理解しやすい順に情報を整理することです。研修では、聞き手の心理を学習し、それに沿ったストーリー構築を学習します。これができると、聞いている傍から理解できるので、聞き手の納得度が向上します。また、パワーポイントを効果的に活用するスキルも学びます。

表現能力とは、自分の言葉で聞き手にメッセージを語りかける技術です。研修では発声やボディランゲージで「してはならないこと」、「すべきこと」を学習し、演習とビデオによる振り返りをします。自分の姿を見ることで現状と課題の把握ができます。プレゼンは一方的に話すのではなく、相手にメッセージを語りかけ、対話することでより立体的になり、共感を生むプレゼンテーションとなります。

研修の特徴

  • 営業やコンサル、機械、建築、IT、金融など貴社の業務内容で研修いたします。
  • 心理学や各種演習、分析ツールを駆使して、誰に、何を、なぜ話すかを確認します。これによりプレゼンテーションの内容が的確になり、成功するプレゼンテーションへレベルアップが図れます。
  • ビデオを活用し、パワーポイントの作り方と使い方、そして話し方、ボディランゲージなど自分のよいところ、改善すべき箇所を自分の眼で確認し、スキルアップを目指します。
  • 聞き手をプレゼン内容にひきつけるノウハウを習得します。

タイムテーブル

時間 1日目 2日目
9:30~12:00
1. プレゼンテーションとは?
・ 研修の目的、方法
・ ファースト・プレゼンテーション
2. プレゼンの情報分析
・ 目標分析
【演習】ニーズを聞き出す4つの質問テクニック
・聴衆分析
【演習】役職と聞きたい内容
・方法分析
【演習】論理的に商品・サービスの説明
【演習】リンクマップ発想法
6. セカンド・プレゼンテーション
【演習】ビデオ撮影&振り返り
7. 対話技術
・ 発問
・ 質疑応答
8. 発声方法
・ ボリューム
・ トーン
・ スピード
9. あがりを防ぐ方法
13:00~17:30
3. プレゼンの組み立て
・ メンタルモデル
・ わかるとは何か
・ 構成方法
4. 表現テクニック
・ 比喩
【演習】短文化
5. パワーポイント
・ 図解
・ カラーリング
【演習】パワーポイント修正
10.ボディランゲージ
・ プレゼンターのボディランゲージ
【演習】動作と指示
・ 聴衆のサイレントメッセージ
11.ファイナル・プレゼンテーション
【演習】ビデオ撮影&振り返り
12.まとめ

添削見本

投影資料などのプレゼン資料を丁寧に添削し ます。講義と添削の相乗効果により、すぐに役 立つ資料の作成スキルが身に付きます。

  

LP_Correction.png

カスタマイズのご案内

プレゼン演習の教材を貴組織の業務内容で実施でき ます。詳しくはお問い合わせください。また、ニーズ分析やロ ジカルリスニング、企画書作成講座を追加した新規業務開発担当者向け講座へカスタマイズもできます。企画からプレゼン、質 疑応答まで一連の流れで研修をご提供しております

受講者の声

  • 「プレゼンは聞き手との対話である」という点が強烈に頭に残った。原稿をただ読み上げて終わるのではなく、聞き手を引き込むプレゼンができるように務めたい。
  • 私の気づきで特に良かったと思うのが、リハーサルの重要性である。それにより緊張が緩和され、少しは自信がつき、気持ちがだんだん楽になるのを感じた。
  • まったく聴衆のほうを見ていないことがわかった。
  • プレゼンの技術を学ぶことができ、また、自分のプレゼンの問題点も気づくことができた。
  • 「プレゼンは才能ではなく、誰でも上手くなる」「不安を取り除くにはリハーサルを重ねること」を学んだ。
  • パワーポイントの作り方、文章の構成などは今までとは違う形で勉強になった。
  • わかりやすい資料を作ることが目標だったが、最初に比べるとわかりやすい資料になった。
  • パワーポイントのデザインよりも内容や論理展開のほうが大切であることを知った。
  • 自分のプレゼンのやり方の問題点を理解することができた。
  • 緊張を緩和するテクニックを体験し理解することができた。
  • 普段プレゼンの上手な人を見て感じていたことを「技術」として明確に認識することができた非常に有意義であった。
  • 自分の悪い点が見つかり、非常に充実感があった。
  • 少人数制なので適度な緊張があり、受講するにあたって気合が入った。

導入された企業・団体

繊維・衣服等卸売、飲食料品卸売、機械器具卸売、鉱業、食料品製造、繊維工、銀行 証券、化学工、石油製品・石炭製品製造、保険、プラスチック製品製造、鉄鋼、宿泊 、非鉄金属製造、金属製品製造、機械器具製造、電気機械器具製造、学校教育、情報通信機械器具製造、電子部品・デバイス製造、輸送用機械器具製造、精密機械器具製造、学術・開発研究機関、電気、通信、情報サービス、インターネット附随サービス、広告、鉄道、政治・経済・文化団体、道路貨物運送、倉庫、国家公務、地方公務

 

研修後の理解度確認テスト

ロジカルプレゼンテーション研修の理解度テストのサンプルです。

 

教材などのイメージ

教材イメージ1

教材イメージ2

教材イメージ3

教材イメージ4

教材イメージ5

教材イメージ6

教材イメージ7

 

関連情報

ウェブ講座:ロジカル・コミュニケーションスキル実践講座
株式会社ビジネスパブリッシングの『月刊 人事マネジメント』の連載記事です。弊社の研修プログラムのご検討材料や、事後学習ツールとし てご利用ください。2016年6月から12月までの連載記事です。
 
ウェブ講座:読むだけでロジカルスキルアップ!!

関西生産性本部の機関紙『KPCニュース』で連載した「超実践ロジカルスキル講座」の内容を、一部割愛したり加筆修正したりして掲載しました。ロジカルスキルの必要性や今日から使える思考のテクニックが満載です。 弊社の研修プログラム内容のご検討材料としてご利用ください。

 

関連講座

公開講座のご案内

総合パンフレット(PDF)
※PDFは別ウィンドウで開きます。

 

各種お問い合わせ

お問い合わせフォームメールでお問い合わせ info@bzcom.jp03-5213-4987

お問い合わせはこちら

  • お問い合わせフォーム
  • メールでお問い合わせ info@bzcom.jp
  • 03-5213-4987
  • 総合パンフレット(PDF)
  • 研修プログラムのカスタマイズ
  • 官公庁・地方自治体のお客様