Zoomを活用したWEB研修のご提案

お客様各位

 

平素は、格別のお引き立てを頂戴し、誠にありがとうございます。

 

このたび、弊社のすべての研修がZoomを活用したWEB研修としてもご起用いただける体制が整いましたので、ご案内いたします。

 

一部報道では、Zoomはセキュリティに問題がある、見知らぬ人が紛れ込んでくる等の情報がありました。しかし、事前登録者以外は入室させない、一人ひとりの氏名を確認して入室させるなど、各種方法で指摘されていた問題を回避いたします。

 

ただし、人事考課など一部研修は今後もオフラインでの研修を基本といたします。

 

株式会社BCL 代表取締役 別所栄吾

PDF形式のパンフレットはこちら

 

 

Zoomintro.png

 

事前学習

研修日より前に、 30分程度のセミナーを提供します。Zoomの活用方法をあらかじめ確認しておくことで、当日はすぐに研修を開始できます。

 

教材の工夫

配信映像では講師がパワーポイントを活用して説明します。受講者手元には印刷した紙媒体のテキストがあります。そのため資料が見えないということは起こりません。

 

時間の工夫

個人で問題を解き、仲間と話し合うことで、理解促進とスキル定着を図ります。

 

ZoomによるWEB研修のご提案

新型コロナウイルスの蔓延により、8割の接触削減が求められるなど、社会の前提が大きく変化しています。感染がピークを過ぎても、これまでのような行動様式にはしばらくの間は戻れないでしょう。特に人材育成のための研修では、グループワークなど密になることが避けられません。しかし、すべての教育研修を中止にすることはできません。したがって、密にならずに隣席やグループで話ができるようにするには、WEB研修が最適です。

WEB研修は、単に講義風景をカメラで撮影しても成功しません。手元に穴埋め式のテキストがあり、それを講師がパワーポイントで説明して、書きこんでもらうような工夫が必要です。単にテキストやパワーポイントを読み上げるだけでは、30分以内に全員が嫌になってしまいます。こうした問題は、前職で培った衛星放送の番組制作の経験をフルに活用して対応いたします。

このため、弊社が提供するすべての集合研修は、Zoomを活用して効率的に実施できます。弊社の研修テキストは従来から、穴埋めにしてあります。また、講義は1単元15分以内、それに続く個人演習、ペアワーク、クラス討議など主体的に取り組めるように、演習中心のカリキュラムとしております。そして、講義も熱意を持ってやや早めのスピードで説明するようにしています。近年はインターネットでの動画配信など、アップテンポな展開に多くの人が慣れています。むしろ、ゆっくり丁寧に説明すると、緊張感が途切れてしまうのです。

 

  講義

    リアルタイムの動画として配信します

   50分授業+10分休憩で、集中できる授業を提供します

  受講者は、定員24名程度を推奨します(1回あたり最大1000名)

 

  グループワーク

     「ブレイクアウトセッション機能」を活用することで、2人1組から、

   3人、4人1組など臨機応変な話し合いができます。この話し合いの

   様子を講師が各グループにオンライン上で訪ねていき、補足説明や

   質問に答えます。

   

   また、ホワイドボード機能を活用することで、議事録やアイデアの

   整理なども効率的にできます。

 

  ※講義とグループワークの工夫は、後掲の「研修カリキュラムと演習の工夫」 

   を参照してください。

 

  発表と振り返り

   講師の一方的な説明だけでなく、講師と受講者、受講者どうしなど、

   幅広く意見交換もできます。

   また、プレゼンテーションの研修の場合は、発表者はパワーポイント

   を活用しながら、口頭で説明をしてもらいます。その風景をオンラン

   で録画し、それを再生し講師が改善コメントをいたします。PCゲー

   ムの実況中継をご覧になった方は、上記の説明のイメージができる

   と思います。

 

   さらに、ビデオ教材を活用したケーススタディもオンラインで上映

   できます。集合教育で実施していたことは、オンラインでもすべて

   実現できる時代になっています。

 

※Zoomのソフトに不慣れな場合には簡単なトレーニングが必要です。効率的な研修を実施するため、受講日より前に、30分程度の操作方法トレーニングを、弊社から提供いたします。

 

zoom3.PNG

zoom4.PNG