新入社員フォローアップ研修

研修の概要

対象 入社半年~おおよそ2年未満  定員30 名
形態 理論の説明 → 演習 → フィードバック → 演習 → 理解・定着の繰り返し
日数 1 日間 9:30 - 17:30 (12:00 - 13:00 昼食休憩)

研修の詳細

研修の目的

入社時の基礎研修から2年近く経過すると、担当する業務の特性も、先輩社員とのコミュ
ニケーションも安定した時期となります。仕事にマンネリを感じたり、不安や迷いが生
じる者も出てきたりします。この研修でじっくり自分を見つめさせます。さらに、自分
が得手な部分と不得手な部分をしっかり認識させ、仕事の進め方を見直す機会と位置づ
け、「新入社員を卒業する」自律した中堅社員を目指します。
 1.ビジネスマナーの振返り
 2.ビジネス文書の記述に熟達する
 3.業務手順の効率化を図る(PDCAの活用)
 4.自分の行動の現状と原因、今後の対策としての「行動計画の作成」を行う

 

タイムテーブル

時間1 日目(ビジネスマナー、PDCAを学ぶ)
9:30~12:00
 ビジネスマナー
 【講義】研修のねらい、全体像
1.ベスト・ビジネスマナー
 【講義】ビジネスマナー再点検
     「マニュアル」と「マニュアルを超える」対応
    ① [演習] 名刺の交換動作
    ② [演習] 電話対応(中級編)
         話し言葉の点検
         クレーム対応の事例
13:00~17:30
ビジネス文書
2.ビジネス文書
 [講義]ビジネス文書のポイント
    ①テクニカルライティングの7原則
 [演習]出張報告書の書き方
    ②ビジネスメールの6原則
 [演習]ビジネスチャンスを生むメールとは
    ③メモ書きの技術
 [演習]メモの取り方、活用方法
    業務手順の効率化
 3.業務手順の効率化
   [講義]PDCA(管理のサイクル)の活用
   [演習]目標からの出発 
         個別発表
   [演習]行動計画を修正・作成する

 

時間2 日目(行動の振返りと行動予定作成)
9:30~12:00
 4.行動計画を作成する
 【講義】自分の行動と現状、今後の対策
  [演習項目]
   日常の行動チェック
   行動の特徴は
   入社以降に気づいたこと 
   現状の自分の心の有り様
   対人姿勢(上司・先輩・同期生に対して)
   自信を持ってよいところ
   改善を要する部分
   現状の自分は、入社後どのように形成されたか
   自己目標作成
   仕事の進め方に関する改善点
   目標への具体的な方法(いつ、どこまで)
 [演習]チーム内でのプレ発表を行い、メンバーからの
     改善点を聴き、発表用に修正する。
13:00~17:30 5.個別発表(模造紙1枚に所定様式で記載する)
    発表時間は1名4分以内  

 

関連情報

ウェブ講座:人事考課と目標による管理入門

関西生産性本部の機関紙『KPCニュース』で今期も連載を続けます。とかく難しいと思われている人事考課制度ですが、連載では、どれだけ短い文章と図解で 人事考課を理解していただけるかに挑戦します。以下が今後の連載予定ですが、予告なく変更することがあります。弊社の研修プログラム内容のご検討材料としてご利用ください。

記事一覧


関連講座

公開講座のご案内

総合パンフレット(PDF)
※PDFは別ウィンドウで開きます。

各種お問い合わせ

お問い合わせフォームメールでお問い合わせ info@bzcom.jp03-5213-4987