国・地方自治体向け研修シリーズ problem solving

 

問題解決力研修

次々職場に起こる問題を解決する

職場の多様な業務を効率的・効果的に遂行していくために、 ますます必要となりつつある論理的思考と問題解決の基礎 を学びます。基本的な考え方をベースに、問題の定義、発見、 検証、対策、予防といった一連のプロセスを学習し、今後の 業務で自律的に完遂できる応用力として身につけます。 

対象 中堅職員(入職3年目~)~課長補佐級の職員 定員30名
形態 理論の説明 ► 演習 ► フィードバック ► 演習 ► 理解・定着の繰り返し
日数 1日間 (7H) 
備考 ファシリテーションと連動して2日間で実施すると効果が飛躍的に上がります

ねらいと効果

  • 問題の本質を考える思考のクセをつけます。

  • 問題の源泉に訴求するスキルを学びます。

研修の特徴

  • 受講者は実際の業務で解決すべき問題を演習テーマとして 選べます

  • テーマ例職場の整理整頓窓口応対待ち時間クレーム、担当者が退職して以前のことがわかりません・・・など

タイムテーブル(1日版)

1日目
 
オリエンテーション
1.問題解決への基本的な考え方
 1)問題解決のステップと思考のスキル
 2)問題に接する態度、問題解決への心構え
 
2.問題解決の6ステップ
 問題の全体像把握とゴールの設定
 
3.問題把握
 1)3つのレベルの問題と問題の特性
 2)問題解決のフレームワーク
  【演習】今日のグループワークのテーマ選定
 3)ブレインストーミング法で、発想する
 4)KJ法で、情報を整理する
  【演習】問題を出し尽くし、整理する
 
4.問題とゴールを整理する
  【演習】問題を明確にして、ゴール・目標を設定する
 
5.解決策の決定
  【演習】なぜなぜ解析の作成と発表
 
6.解決策の評価と今後の計画
 1)評価(SEE)と定着のための今後の計画(PLAN)
 2)問題解決の視点
 3)問題解決会議のチェックリスト

タイムテーブル(2日版)

1日目 2日目
オリエンテーション
 
1.問題の定義フェーズ
 1) 問題とは何か、それに接する態度
 2)問題に気づかなくなる大企業病
 3)問題や争点を共有するフレームワーク
  【演習】公務員のひげ
 
2.原因の究明フェーズ
 1) リンクマップで問題をモレ・ムラなく整理する
  【演習】リンクマップ作成
 2)ブレインストーミング法とKJ法
 3) リンクマップ
 4) 三角ロジック
  【演習】1 台のエレベーター
 5) なぜ・なぜ分析
  【演習】メールの誤送信ほか
 6) 各種発想法(ゼロベース思考など)
3.問題解決への分析的アプローチ
 1)トヨタ流A3 版1 枚にまとめる問題解決法
 2)ホワイトカラーにこそ必要な「なぜなぜ分析」
  【演習】職場の問題解決
       メールの誤送信ほか
       電話のたらい回し
         <個人演習→グループワーク→発表>
 
4.問題解決への機能的アプローチ
 ~行為目的から考える問題解決法~
 1) すごい会議
 2) 対立・葛藤への対処
 3).解決策の立案と選択フェーズ
  【演習】歩行者道路の是非
  4)問題の解決よりも予防・育成
  【演習】リッツカールトンのクレド

 

テキスト・教材イメージ

     ploblem_solving2.bmp

   ploblem_solving3.bmp

受講者の声

  • 演習がたくさんあったのがよかったです。
  • 講師の「すべての業務は問題解決」という指摘が腑に落ちた。いかに自分が漫然と業務に取り組ん
    でいたかが良くわかった。問題を創造的に発見することに努めたい。
  • 理論と事例をセットで説明されたのでわかりやすかった。学んだ理論を活用して、すぐに自分の業
    務で問題解決を考える演習をしたことが役に立った。
  • 研修中の例や演習が身近で平易なものだったので、業務での活用がイメージしやすかった。
  • 問題解決だけでなく、問題を発生させない予防策も大切であることがわかった。

 

ウェブ講座:読むだけでロジカルスキルアップ!!

関西生産性本部の機関紙『KPCニュース』で連載した「超実践ロジカルスキル講座」の内容を、一部割愛したり加筆修正したりして掲載しました。ロジカルスキルの必要性や今日から使える思考のテクニックが満載です。 弊社の研修プログラム内容のご検討材料としてご利用ください。

  記事一覧

 

 

研修一覧

各種お問い合わせ

お問い合わせフォームメールでお問い合わせ info@bzcom.jp03-5213-4987