国・地方自治体向け研修シリーズ presentation

プレゼンテーション研修

住民説明会も恐くない。説明力向上研修

説明は、知識と技術さえ身につければ、誰でもうまくなります。つい、長々と説明してしまう人、要約がうまく できない人、的外れな説明や資料を作成してしまう人に特にお勧めします。また、説明・発表・プレゼンに苦 手意識を持っている方にも参加しやすい研修です。市民と直接接する機会の多い方、人前で話す機会のあ る方はもちろん、上司への報告・連絡・相談や電話や窓口での口頭での説明など日常のコミュニケーション スキルを向上させたい方にも広くお勧めします。

対象 新入職員~課長級  定員8名~30名程度(人数が多い場合、応相談)
形態 理論の説明 ► 演習 ► フィードバック ► 演習 ► 理解・定着の繰り返し
日数 2日間 (14 H)  ※1日で実施希望の場合は、ご希望に応じてプログラムをアレンジします 
備考
受講者の業務内容で資料作成・発表演習します   
 例)住民説明会、入職2年目の自業務紹介 

ねらいと効果

本研修では、とかく複雑で難解になりがちな行政情報について、聞き手の立場に立って効率的かつ効果的に伝 えために以下の3つのスキルを身につけます。

・シナリオ構築スキル

  わかりやすく概要を説明するスキルと情報の構成方法を身につけます。

・表現スキル

  ボディランゲージや声の出し方(話し方)を学習します。講師や受講生からのフィードバックも実施します。

・資料作成スキル

  単なるパワーポイントテクニックではなく、相手に理解してもらうための資料作成スキルを身につけます。

 

研修の特長

  • 心理学や各種演習、分析ツールを駆使して、誰に、何を、なぜ話すかを確認します。これによりプレゼン

    テーションの内容が的確になり、成功するプレゼンテーションへレベルアップが図れます。

  • ビデオを活用し、話し方、ボディランゲージ、投影資料作成ポイントなど、自分のよいところ改善すべき箇

    所を自分の眼で確認し、スキルアップを目指します。

  • 聞き手をプレゼン内容にひきつけるノウハウを習得します。

タイムテーブル

1日目 2日目
オリエンテーション
 
1. プレゼンの伝達技術
 発声の方法・ボディランゲージ
  【演習】プレ発表(2人1組)
  【演習】第1次プレゼンテーション(ビデオ撮影)
   
2. プレゼンの構成技術
 1)ロジカルにわかりやすく内容構成する
  【演習】第2次プレゼンテーション(ビデオ撮影)
 
3.プレゼンの視覚効果
 1)図解の種類と説明のポイント
 2)配布資料・グラフ等の説明のしかた
  【演習】第3次プレゼンテーション(ビデオ撮影)
 
 3)相手を引きつける対話の技術
  【演習】第4次プレゼンテーション 
  【演習】最終プレゼンテーション 
 

添削見本

投影資料などのプレゼン資料を丁寧に添削し ます。講義と添削の相乗効果により、すぐに役 立つ資料の作成スキルが身に付きます。

  

LP_Correction.png

 

カスタマイズのご案内

プレゼン演習の教材を貴組織の業務内容で実施でき ます。詳しくはお問い合わせください。また、ニーズ分析やロ ジカルリスニング、企画書作成講座を追加した新規業務開発担当者向け講座へカスタマイズもできます。企画からプレゼン、質 疑応答まで一連の流れで研修をご提供しております

受講者の声

 
  • 少人数制なので、適度な緊張もあり、かなり受講するにあたって気合が入った

  • パワーポイントのデザインよりも内容や論理展開のほうが大切であることを知った

  • 「プレゼンは聞き手との対話である」という点が強烈に頭に残った。原稿をただ読み上げて終わるのではなく、

    聞き手を引き込むプレゼンができるように務めたい

  • 自分は、まったく聴衆のほうを見ていないことがわかった

  • 「プレゼンは才能ではなく、誰でも上手くなる」「不安を取り除くにはリハーサルを重ねること」を学んだ

  • パワーポイントの作り方、文章の構成などは今までとは違う形で勉強になった

  • 普段プレゼンの上手な人を見て感じていたことを「技術」として明確に認識することができた

プレゼンテーション研修:もっと詳しい資料
 
 
ウェブ講座:読むだけでロジカルスキルアップ!!

関西生産性本部の機関紙『KPCニュース』で連載した「超実践ロジカルスキル講座」の内容を、一部割愛したり加筆修正したりして掲載しました。ロジカルスキルの必要性や今日から使える思考のテクニックが満載です。 弊社の研修プログラム内容のご検討材料としてご利用ください。

  記事一覧


各種お問い合わせ

お問い合わせフォームメールでお問い合わせ info@bzcom.jp03-5213-4987