職場のリーダー研修として自社のマーケティング戦略を策定

実績情報

研修の概要

業種
石油関係会社
受講者
24名(リーダー)
内容
マーケティングの基礎を学び、ケーススタディで定着を図る。3つのケーススタディで実践と理論の定着を目指す。ケース2つは、消費財をテーマに、最後の総合演習は生産財(この会社用にオリジナルケーススタディ作成)を研修の最後は、自社のSWOT分析、5-forces分析、PPMの作成。特に全体のイメージではなく、PPMは具体的な企画案を出し合う。

詳細な内容

カリキュラム

時間 1日目
9:00
第1章 マーケティングの基本的な考え方とその分析の視点
1.経営戦略の概要
  ・経営理念ビジョンの構造
  ・経営戦略理解のフレームワーク
 2.マーケティングの定義
  ・SWOT分析の概略
  ・マーケティング戦略のフレームワーク
  ・戦略思考と企業の維持と成長・発展
  ・顧客満足とナレッジマネジメント
【演習】ケーススタディ「リッツカールトン」
【演習】ケーススタディ「喫茶店風景」
第2章 マーケティング戦略の考え方とそのフレーム
 1.顧客の購買行動
  ・購買者の意思決定モデル
  ・新製品の普及モデル
 2.マーケティング・リサーチ
  ・マーケティング戦略立案に必要な情報と方法
12:00
昼食
13:00
17:30
 3.マーケティング戦略のフレームワーク
  1)セグメンテーション
  2)ターゲティング(定義)
  3)ポジショニング
   ・市場ポジョニングと競争戦略
   ・トップシェアの魅力とブランド
   ・製品ポジショニング戦略
  4)マーケティング・ミックス(4P)の定義
   ・プロダクトの定義:プロダクト・ミックス 、製品ライフサイクル
とその段階ごとの戦略
   ・プライス(価格設定):価格決定に与える外部要因
   ・プレイス(流通チャネル):SCM
(サプライ・チェーン・マネジメント)
   ・プロモーション(広告・宣伝、人的販売、広報活動、販売促進):
     AIDMAとAISASモデル
 4.生産財市場と企業の購買行動
  ・生産財市場の特徴
  ・企業の購買行動モデル
  ・企業の購買行動に影響を与える主な要因
  ・環境
  ・4Pから4Cへ
  ・ワン・トゥ・ワン・マーケティング
時間 2日目
9:00
第3章 全社戦略のフレームと分析ツール
  ・業界構造分析:ポーターの5つの競争要因
  ・資源配分(Product Portfolio Management)
  ・ドメイン定義
  ・ポーターの3つの基本戦略とドメイン定義
【演習】ケーススタディ「片岡物産」
【総合演習】自社戦略と分析
      3C分析
       ▼
      4P分析
       ▼
      SWOT分析
       ▼
      PPM分析
       ▼
      具体案検討&作成
12:00
昼食
13:00
17:30
 
【総合演習】準備継続
 発表と討論会
    ・発表、質問、反論、検討
    ・講師からのコメント
    ・上司からのコメント
まとめと振り返り

関連情報

この実績に関係するページ
ウェブ講座:読むだけでロジカルスキルアップ!!

関西生産性本部の機関紙『KPCニュース』で連載した「超実践ロジカルスキル講座」の内容を、一部割愛したり加筆修正したりして掲載しました。ロジカルスキルの必要性や今日から使える思考のテクニックが満載です。弊社の研修プログラム内容のご検討材料としてご利用ください。

記事一覧

総合パンフレット(PDF)
※PDFは別ウィンドウで開きます。

各種お問い合わせ

お問い合わせフォームメールでお問い合わせ info@bzcom.jp03-5213-4987